ギター練習Tips No.3~ “7”がつくコードの対処法~

こんにちは‼️ NAYUTAS岐阜校ギター講師の亀山です🤓🎸

前回コードの種類について書いてみましたが、実際にコードサイトを見ると

CM7、Bm7、Dm7のようなコードが出てきますよね。

3種類のコードに含まれてないようにもみえますが、実は上記のコードも簡単に分類してあげることができます。

CM7

例えば…

このコードは “M7” を省略してあげるとただのCのメジャーコードになります。

次に

Bm7, Dm7のようなコードは後ろの “7” を消してあげるとBm, Dm,,,

つまりただのマイナーコードになりますね。

さらに、、前回話したセブンスコードと呼ばれる、ローマ字と7の数字がついたコード( A7, E7,,,等)も

“7” を省略してただのメジャーコードにすることもできます。

7がついているコードですが、こちらのコードたちは前回の3種類の雰囲気を持ったコードが発展したコードなので、基本的な3種類の雰囲気をより繊細に表現できるための表記だと思っていただければ良いです。



はじめたばかりだと毎回覚える形のコードが増えると思うかもしれませんが、

こうしてシンプルにすることで押せやすくなって、曲も覚えやすくなって一石二鳥です。

7がつくようなコードはシンプルなコードに慣れてきたときに是非再挑戦してみましょう!


さらに詳しく知りたい方は是非一度、NAYUTAS岐阜校へ体験レッスンを受けにきてみて下さい!

NAYUTAS岐阜校ではギタリスト向けの音楽理論のレッスンも行っております🤓

Jazz・Blues・Funkのアドリブのために、作曲・編曲のためになど、様々な要望に沿ったレッスンをご提供致します‼️

是非お気軽にNAYUTAS岐阜校の無料体験レッスンにお申し込みください🎶

お待ちしております🤓👋