渋谷校
ブログ

🎧NAYUTAS渋谷校🎧西洋音楽の歴史〜近代音楽〜

こんにちは🌈渋谷のマンツーマンボイストレーニングスクール「ナユタス渋谷校」です!

 

今日は最後に近代音楽について見ていきましょう🎻

 

近代音楽は約1900年から現代にかけての時代の音楽様式や作曲技法を指します。
この時期は多様性が極めて高く、異なる潮流や実験的なアプローチが顕著です。
近代音楽は伝統的な概念に挑戦し、新しい音楽表現を模索しました。

 

以下、主な近代音楽の特徴です。

 

◯実験的な技法: 従来の音楽概念にとらわれない新しい和声やリズム、楽器の使い方に挑戦する傾向があります。

◯アトナリティ(無調性): 和声の伝統的な構造を捨て、無調性や不協和音を取り入れる作曲家が増えました。

◯エレクトロニクスの利用: 電子楽器や録音技術が導入され、音楽の制作や演奏において新たな可能性が拓かれました。

◯異なる文化やジャンルの融合: 世界中の異なる音楽文化やジャンルからの影響が取り入れられ、融合が進みました。

◯インプロヴィゼーションの復活: 一部のジャンルでは即興演奏や即興作曲が再評価されました。

 

近代音楽にはさまざまな潮流があり、ジャズ、現代音楽、ポピュラー音楽などが広く範囲に含まれます。
多岐にわたるスタイルやアプローチが存在し、多くの作曲家が異なる方向性で活動しています。

 

 

《近代音楽を代表する一部の作曲家》

 

|イーゴリ・ストラヴィンスキー (Igor Stravinsky): ロシア生まれの作曲家で、バレエ音楽や交響曲、室内楽などさまざまなジャンルで活躍しました。

|アルノルト・シェーンベルク (Arnold Schoenberg): オーストリア生まれの作曲家で、アトナリティ(無調性)の先駆者であり、十二音技法を導入しました。

|ベラ・バルトーク (Béla Bartók): ハンガリー生まれの作曲家で、民族音楽の影響を受けながらも独自の音楽言語を発展させました。

|オリヴィエ・メシアン (Olivier Messiaen): フランスの作曲家で、宗教的なテーマ性や鳥の歌に触発された楽曲で知られます。

|ジョン・ケージ (John Cage): アメリカの作曲家で、偶然性や無音の概念を導入し、実験的なアプローチで知られます。

 

これらの作曲家は音楽の伝統的なルールや形式に挑戦し、新しい表現手段を模索しました。
近代音楽はその多様性と実験性によって、さまざまな音楽愛好者やアーティストに影響を与えています。

 

 

◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆
マンツーマンの
ボイトレスクールといえば
NAYUTAS渋谷校🎙️
◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆

完全マンツーマンレッスンなので
初めてのことに挑戦するのが不安な方も大丈夫🍀💃
あなたもNAYUTAS渋谷校で
『苦手を好きに、好きを得意に』💫

/
今なら体験レッスン無料❣️

通常体験レッスン6,600円が無料に🥺✨
ï¼¼

さらに、、

/
体験レッスンから3日以内にご入会いただくと

《入会金11,000円》も無料‼️🥹
ï¼¼

無料体験レッスンのご予約はこちらから👇
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【NAYUTAS渋谷校】無料体験レッスンお申し込みはこちらから💁‍♀️

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■NAYUTAS渋谷校
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-9-4 NCビル7階

渋谷駅B1出口より徒歩4分
東京の中心地、渋谷、原宿、表参道駅など駅が密集するエリアの中心地に、ボイトレスクールNAYUTAS渋谷校はあります。渋谷から原宿に繋がる『ファイヤー通り』に位置し、様々な方面からアクセスしやすい校舎になっています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

instagram(渋谷校)
@nayutas_shibuya